FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。絶対に儲からないと言われても、勝算はある。

スワップ派の味方、ドルインデックスが下攻め再開

ドルインデックス3


ドルインデックスは、ユーロが昨年8月以来の高値を付けた影響で、大幅に下落。

再度、下値を試して、順調に下げチャートを作っています。

ユーロも昔は1.5ぐらいの位置にいたこともあったことを考えると、

上方向の伸びしろは、かなりあると想定しておいたほうが良さそうです。

ドルインデックスの次のターゲットは94、93、あたりで、そこを抜けると、80まで何もありません。

2014年7月、FRB量的緩和の縮小を決めたとき、ドルインデックスは80でした。

チャートの形がやや急なので、ここからはジリ下げか、横ばいになりそうです。

スワップ派にはうれしい状況が、さらに続いてくれるんじゃないでしょうか。

アメリカの景気拡大は最終局面か



もう8年以上景気拡大が続いていて、いつそれが終わるのかがわからないのは、心配の種です。

利上げしている事実から考えても、終盤なのは間違いないでしょうが、

急ぎすぎてバスから飛び降りてしまっては、取れるはずのところを取りこぼします。

特に新興国通貨は、株より先に、急に動くので、ヒントがありません。

心配したところで、具体的な対策を取れるわけではないので、様子見しかありません。

ランドも、リラも、前回(2007年)のような高値にはなっていませんから、

景気拡大が終わったところで、同じように暴落するとは考えられません。


なのでスワップ派は、今までどおりホールドです。



当ブログで実践している運用方法については、(参考記事:10万円から始める年金ポジション構築

に詳しく書いてますので、時間がある方はぜひどうぞ!

他の長期投資ブログを見たい方は、FX スワップ・長期投資派ランキングこちらからどうぞ!