FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。絶対に儲からないと言われても、勝算はある。あとNBA。ミネソタティンバーウルブズ。

スワップトレードならクソポジ多めでもなんとか生き残れる!

恥ずかしながら、46円のリラとか持ってます。はい、いまだに赤字です。44円もあります。

満額で張ってれば、とっくに死んでます。

リラ円 ポジ


それでも4倍ほどレバレッジをかけつつ、クソポジを抱えながら、なんとか生き残り、続けられています。

このまま成功するかはわかりませんが、自分年金を作るのには、十分な可能性を感じてます。

FXをギャンブルにするのはもったいない



「半年で1千万!」とか「一年で1億円!」とかうたっている為替ブログがありますけど、

宝くじみたいなイメージがつくんでかんばしくないです。そんなんじゃないです。

仮にその手法で、実際に最初の1年勝ったとしても、

大勝ちして、即FXをやめるなんて、相当賢いか、次の投資先が決まっている人間じゃないと無理です。

だから結局は勝った分だけ、負けるんだと思います。勝つならじわじわ勝つしかないです。

いっそ追加の法規制で、レバレッジを最大5倍にして、短期トレード不可にしたらどうでしょうか。

「FXで一攫千金を狙うのはやめてください」という政府のメッセージとして。

昔は俺のまわりでも、20万、30万だけやってみて、負けたからFX辞めた、って人けっこういました。

それってやっぱりギャンブルとしてとらえてて、20万、30万が何百万、何千万にならなかったから辞めた、

ってことだと思うんですけど、それだったら本当にもったいないなあと。

実際は大量の引かれ玉を損切りしてないのに、生き残ってる人間がいるわけですから。

しかも基本的には、ホールドしてるだけ。

もちろん、ただボーっとしているわけではなく、急落局面ではリスク管理のために動きますけど。

まとめ


長期運用対象として見るなら、スワップトレードは優秀です。個別株のように2倍、3倍とはいきませんが、

含み損からのリカバリーの速さ。ロスカットにさえあわなければ、勝ちが約束されています。

FXは長期投資だと意識して、簡単、最速のショートカットに誘導されないようにしたいです。