FXスワップ運用記

為替11年目。トルコリラ、ランド、ペソの複利運用で、自分年金が作れるか実践中。運用開始1100日、日額スワップ約7000円、累計スワップポイント390万。

日本株は残念ながら天井なのでは?2018年のチャートが2006年に似てきたよ

こんなニュースを見ました。

kabutan.jp

海外勢と証券会社が売っているものを、個人が買って下支えしているもようです。

どうしてこんなところで買うのか?と思ってしまいますが、

やっぱり「値が戻ると予想、または期待している」からなんでしょう。

5年も上がってきただけあって、個人もある程度の利益が出ていて、懐に余裕があるのも買う理由だと思います。

損が出ている銘柄はそのままにして、余った資金で下げたところを買っている、というのが実際のところじゃないでしょうか。

今まではそれでやってこられたので、今回も、という感じです。

 

でも相場というのは、期待したことと逆のことが起こるのが普通で、期待通りのことが起こるなんてほとんどありません。だから難しいのです。

 

自分は下げ相場ばかり見てきたので、やや穿った見方になっているかもしれません。

でも2017年、18年のチャートを、2005年、2006年のチャートと比べると似ている気がします。2006年は高値から3000円下げた後、半年かけてもとの高値に戻っていきました。

その後2007年にかけて高値を維持、この間個人は相当仕込んだと思います。

結果はというと、みなさんご存知のとおりです。

ただ、結果論ですけど、アベのおかげで、10年ガチホで完全復活できたことも事実です。現物の強みですね。だからそれでもいいって人(多少の含み損はOK)がここで買うなら問題はないと思います・・・。

 

さぁ、今回はどうでしょうか。前回高値まで戻れるでしょうか。もし個人投資家が、前回高値を10%も抜けたところまで期待しているなら、無謀じゃないでしょうか。

まぁ、前回の天井(2007年)を参考にするなら、あと1年以上猶予がありますから、トントンで逃げられるところは何度もあるでしょうね。そこで逃げられるかどうか。

逃げてその資金でFXに参入できるかどうか。スワップ狙いで。