FXスワップ運用記

為替11年目。トルコリラ、ランド、ペソの複利運用で、自分年金が作れるか実践中。運用開始1100日、日額スワップ約6000円、累計スワップポイント350万。


外貨投資・FXスクール

株が為替より激しく動くとは。理由を考えてみた。

まず為替の乱高下があって、遅れて株がまったりと動き出す。これがここ10年ぐらいの傾向だったと思います。

それがこの2月は、株だけが突然乱高下を繰り返し、為替はつられてんだかなんだかわからない動き。スワップ派としてはありがたいことですが、なんとなく不安になるのも事実なので、やっぱり理由を知りたくなります。

 

相場で起こったことの理由は、ほぼ後付けだと考えるほうですが、まず世の中で言われているのが1つ。

VIX狩り。ただ単にVIX関連の商品にポジションが積みあがっていたから、それを狩りにいったのだ、という説。

確かにこれであれば、s&p500が変動すれば、為替がいくらも動かなくたっていいわけですから、為替が動かない理由と考えられます。

 

さらに株価だけ動けばいいということは、市場は市場全体に対して不安なのではないということも見てとれます。

国家の財政、地政学的リスク、銀行の債務、今現在、その辺のリスクは許容範囲だと。

そういうことな気がしてきました。だから為替は動かないんだと。

 

結局株は、高値で急落し、乱高下しているわけですから、2番天井の可能性はあるにしても、わかりやすく天井を打ったんじゃないですかね。

次の高値でちゃんと逃げろよって合図なんじゃないかなぁ。

まぁ、株持ってないんでわかりません。つまんない。

 

それでは、このへんで失礼つかまつります。今晩クロス円暴落したらごめんなさい。