FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。累計スワップポイント320万。

スワップ複利運用 997日目 累計スワップポイント 3,241,372円

2017年こそはブラックスワンが来るんじゃないかと身構えていましたけど、今年も波乱無く終わりましたね。

住宅価格の高騰、消費の過熱、あとは資源高が本格化すれば条件はそろってきます。ここ最近は原油が上がり始めて、どこまで続くかというとこです。

しかしまぁ、この相場もいつかは終わる時が来るわけですけど、その時はまた金融緩和すればそれで済んじゃうわけですからね。

カネって何なの?と改めて考えさせられます。

我々が働いて、ストレスと引き換えに得る金と、「市場に供給するため」に機械が刷った金が、同じ価値を持っているということですから。

しかも「市場に供給」っていっても銀行が間に入って、個人が借りるときには数%の利息がつくわけで、気楽に借りようとは思えません。

そこで使われない金で何をしてるかと思えば、ETF買い、リート買いですよね。

なんかそういうのいいから、個人でも年0.5%で1千万ぐらい借りられるようにすればいいのに。そうすれば使う人は使うだろうし、返せなく人も出てくるだろうけど、個人消費を盛り上げたければそのくらいしてもいいと思う。

 

かなり脱線しましたが、本題のスワップ投資は2017年、まずまず成功だったと思います。1番は相場がパニックにならなかったこと、あとはランドが値を戻したことですかね。良くも悪くもランドは振り幅が大きいので、ポジションを大きくしすぎないように気をつけるべき通貨です。

年初に150万円ほどだった累計スワップも、現在は320万になって、安定感が出てきました。

相場の上昇はすべて取りこぼしていますが、今年も生き残ることができました。

f:id:ju09121:20171231155431p:plain

現在の口座状況です。