FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。絶対に儲からないと言われても、勝算はある。

人生100年時代に年金を当てにする!?


リンダ・グラットンさんの「ライフシフト」という本が、

去年から話題になっています。

以前から「長生きリスク」と言われてきた問題で、

退職後の人生が長くなり、生活資金が足りなくなるリスクのことです。


本当に寿命が100歳まであると仮定して、

備えるのにどういった手段があるでしょうか。


既存の年金は当てになる?



まず普通に想像できるのが、年金です。

40年まじめに勤めあげたら、その後の人生は保障して欲しいです。

今の50代にはこういう考えの人も多いでしょう。

ただ、保障されるかどうかは別問題です。

会社が存続するかどうか、国の財政が持つかどうか、

若者が重税に耐え切れず、福祉を削る政党が政権を取るとか、

既存の年金には不確定要素が満載です。

年金だけを当てにしている人ができることと言えば、

じっとテレビの前に座り、政治家の発言に耳を傾け、

自分でも国の行く末を憂えているように錯覚しながら、

頭の中で考えていることは、

”このまま俺が死ぬまで何も変わらないでくれ!”

と祈ることぐらいです。


YAMASHA85s008_TP_V


祈るぐらいならFXで勝負

FXで100年の人生の備えをする、と聞けば誰でも鼻で笑うでしょう。

そんなハイリスクなものに人生をかけられるか、と言われると思います。

ではいったい何が、ローリスクなんでしょうか。

生きている限り、何かに賭けているはずです。

みんな自分年金の必要性は感じていると思います。

あとは何に賭けるかを選ぶか、

何にも賭けず、国のせいにして愚痴を言い続けるか。

この2択です。

自分は負け組でも勝ち組でもどっちでもいいと思っています。

でも、祈っているだけの負け犬になるのはごめんです。


スワップ投資はリスクをコントロールできる

FXのリスクが高いと言われるのは、熟練する前に退場してしまうからです。

実際は、リスクを管理するために、できることがたくさんあります。

まず、人脈がいりません。当てにしていた人が、予想外の行動を取るリスクがありません。

すべて個人でコントロールできます。

それから、体が動かなくなっても、頭だけ動けば大丈夫です。

病気になっても生きてさえいれば、なんとかなります。

でも体が元気でも、認知症なら無理です。

「通貨」自体に関しては、

株より、社債より、不動産よりリスクが低いと考えています。

スワップトレードのリスクについては、また記事にしたいと思います。