FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。絶対に儲からないと言われても、勝算はある。

含み損が膨らんだとき、両建てするべきか?

下げがきつく、含み損が多くて損切りできない


FXに参加した人なら、誰も避けては通れない状況だと思います。

こうしたとき、スワップ派は両建てでピンチを抜け出すことができるでしょうか?


結論から言ってしまうと、スワップ運用中には難しいと思います。

どうしてもギャンブルになってしまうからです。


常にある程度の含み損を抱えている状態で、同じ枚数を逆に建てるというのは、

証拠金を相当圧迫しますし、それでもなんとか両建てしたとしても、

それからやるべきことは多い上に、相当な難易度です。

  • 相場がさらに下落すると見て、買いと同数の売りを入れる。

この時点で売りを入れられるほど証拠金に余裕があるかどうか。

  • 予定通り下落が続く。

売った直後から反転上昇の可能性もある。というかよくある。

  • 乱高下の中、大底を見極め、売りの玉を決済、ロスカットを免れる。

成功すれば一気に有利な状況になり、スワップ用のポジションを買います余裕も生まれるかもしれない。


どうでしょうか。可能性はあります。

投機家になったつもりで挑戦したくはなりますが、成功させるのは至難の技です。




どうしても元本を減らしたくないときもある

損をしたくない気持ちは、痛いほどわかります。

どうしても損切りしたくないなら、両建てを成功させるしかありません。

もしやるなら、相当下落圧力が強い、○○ショックなどで市場がパニックになっている場合は、

まだ成功の可能性があると思います。

乱高下しながらも、一方向への強い動きがあるとき以外に両建てをしても、

方向が判断できず、精神的にとてもつらいはずです。



もし成功して、生還したら、次はそうならないように、

作戦を作り直したいところです。



売り、ということだけで考えてみると、

これはそもそも、売るタイミングが遅かったわけです。

下げたときの防御として売るなら、

相場の高い所で、つなぎとして売るべきなのです。



次は、つなぎ売りについて考えてみます・・・

 

www.fx-jibunnenkin-swap.com