FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。絶対に儲からないと言われても、勝算はある。あとNBA。ミネソタティンバーウルブズ。

日額スワップ1万円まであと何日かかるか計算してみた

こんにちは。ものすごく暑いっす・・・

あんまり暑くて仕事する気が完全に失せたので、金利生活を妄想することにしました。

まずは当面の目標であるところの、1日1万円のスワップポイント。

現在のペースを続けていくと、あと何日でこの第一目標に達するか、計算してみました。

まず今の日額スワップが5700円。これが10万円貯まるごとに、トルコリラを1枚買い増しています。

なので、次の買い増しまでに必要な日数は、約17.5日。18日待てば、もう1枚買えるぐらいのペース。

これを繰り返すと、日数は徐々に短くなっていって、日額スワップが1万円になる時には、

当たり前ですが、10万÷1万で、次の買い増しまでの間隔が、ぴったり10日になります。

ここまでの日数を全部足せば、あと何日かかるかわかりそうです。



1日1万円のスワップポイントでリタイアできる?


答え出ました・・・ 574日!長いのか短いのかよくわかりませんが、

ここまで2年以上継続しているので、さらに1年半以上かかるということですね。

すでに825日経過してるので、ゼロから始めたとすると、1399日かかるってことです。

しかも日額1万円になったところで、リタイヤできそうかというと、まるでできそうにない感じですよ。そこがスタートラインぐらいの感じ。

年利25%の一般的にハイリスクと呼ばれる手法でも、これだけの日数がかかるわけだから、1から資産を作るってのは、本当に大変なことですね・・・。

その時点での累計スワップ・・・ 643万!これは結構多い気がする。でもリタイアするには全然足りない。

そこからもさらに複利運用を続けていかないと、大した資産にはなってくれませんね。

スワップ派のブログが途中で止まっているのも、何かわかる気がします。

とはいっても、必ず最後までやり遂げる覚悟です。途中でロスカットがよくある終わり方だと思いますけど、俺は絶対に出口まで辿りついてやります。

 



でも、始めたころに比べると、「複利運用」が実感できて、やりがいが出てきているのも確かです。

毎朝口座を確認するのが楽しみで、かろうじて仕事もやる気が出ます。

今回計算してみて、1日1万円のスワップは、目標ではあったけど、ただの通過点でしかないことがわかりました。

簡単な不労所得みたいに言われてますが、スワップ投資はなかなか厳しいものですね。

 

 当ブログで実践している年金口座の作り方はこちらです!

www.fx-jibunnenkin-swap.com