FXスワップ運用記

高金利通貨の複利運用で、自分年金が作れるか実践。絶対に儲からないと言われても、勝算はある。

口座資金が50万円の場合 - 淡々と続ける

前回記事のやり方で取引を進めたとすると、口座資金が50万になったとき、

ポジションはリラ5枚保有、1日のスワップは480円ほどに育っていると思います。

 

www.fx-jibunnenkin-swap.com

 



スワップのみを出金できるわけではないので、間接的ではありますが、

日々のお昼代(少し足りないか)ぐらいは賄うことができ、金利の力を実感できるころです。

KAZTDSCF7019_TP_V

維持率は500%を下回らないようにする



10万円から始めた口座を50万円にするまでに、6ヶ月かかったとします。

平均的な年収の人が40万というお金を作るのには、それぐらいかかると思います。

6ヶ月目の終わりに、その口座には、約48500円の合計スワップが貯まっているはずです。

リラ5枚分の証拠金が、12670円(2017年5月現在)なので、維持率を計算してみます。

含み損がない場合:548500÷(12670×5)×100 = 865.8%



含み損が無ければ、当然リスクもありません。次は含み損がある場合です。

半年間のトルコリラの平均変動率は12%程度らしいので、今のレートが31円なので、

12%逆行すると、マイナス3.7円になります。ただ、今回は、まとめて5枚買ったわけではなく、

時間を分散して買っているので、含み損は減るでしょうから、最大でも3円ぐらいだと想定します。

保有中の5枚の平均建値から3円引かれている場合は、含み損が15万円になります。

含み損15万円の場合:(548500-150000)÷(12670×5)×100 = 629.0%

 



となり、この場合でも維持率は600%を超えて安全圏と言えます。

次の半年間もこのままのペースで下げる可能性は、高くないと思います。(経験上)

不安であれば、このまま口座をしばらく放置すれば、自然と維持率は回復します。

ナンピンして枚数を増やすのは、下策です。それよりは放置しましょう。

資金50万~300万あたりが最も強制ロスカットされやすいレンジだと思われます。

今はバランスを失わないことに集中して、できるだけ余計なことをしないように運用するといいと思います。

まとめ


500%以上の証拠金維持率を確保して、できるだけ余計なことをしないように過ごせれば完璧です。

建物を作るときと同じように、しっかりとした基礎を作らなければ、高く積み上げることは難しくなってしまいます